Christmas dinner 2018 お知らせ

12/22、23、24、25の4日間は、クリスマス限定のコースをご用意致します。
コースは、メインのお料理によって4種類です。いずれもスペイン各地で広く親しまれる料理です。
今年秋にスペインで出会った料理も盛り込み、今おすすめの料理を集めました。
メインのお料理以外は各コースとも同じ内容となります。

メインのお料理のご紹介

イベリコ・プレサの陶板焼き
プレサは、肩に近い赤身の部位です。熱した陶板でご用意します。
シンプルにイベリコ特有の肉の味わいを楽しめる料理です。
北海道産夢の大地ポークのコンフィ ペドロヒメネスソース
夢の大地ポークをコンフィにした上で表面をパリッと焼きます。甘味とコクのあるシェリーの香りよいソースで仕上げます。今月スペインビルバオの”La Vina del Ensanche”を訪問した際の料理です。
兵庫県産和牛のテール煮込み カチェーロ添え
「Rabo de Toro(=牛テール)」というメニュー名で、スペイン各地で出会います。それぞれの土地で作り手の想いのこもったお料理です。ガリシアのコンポステラの地元の人で賑わう”Mesón do Pulpo”を訪問した際の料理で、野菜と煮込んだ和牛テールをあっさりと仕上げ、肉そのものを味わいます。
黒毛和牛フィレの陶板焼 自家製ソース
黒毛和牛フィレ肉は、九州宮崎、鹿児島からの上質なもの。シンプルに陶板焼きで味わいます。
食欲をそそる香ばしい自家製のソースを添えます。

ご予約にて承ります。お電話か、web予約からお願い致します。
webからご予約の際は、ご要望欄にコース名、希望のパエリアをご記載ください。
12/22、23、24はクリスマスコースのみとなります。12/25はクリスマスコース以外も承ります。
キャンセル待ちについては、お電話にてお問合せください。

Christmas Dinner イベリココース ¥8,000(税別)

ハモンセラーノ、腸詰類とパンコントマテ
ピンチョス4品
・フォアグラと穴子のミルフィーユ リンゴのソース
・天使エビのプランチャ 2種のソース
・いちごのガスパチョ
・タラのクロケッタ
帆立貝のサンティアゴ風
イベリコ・プレサの陶板焼
ミックスパエリア もしくはイカスミのパエリア
クリスマスのデザート
食後のお飲物(コーヒー、紅茶、ハーブティー)

Christmas Dinner ポークコンフィコース ¥8,000 (税別)

ハモンセラーノ、腸詰類とパンコントマテ
ピンチョス4品
・フォアグラと穴子のミルフィーユ リンゴのソース
・天使エビのプランチャ 2種のソース
・いちごのガスパチョ
・タラのクロケッタ
帆立貝のサンティアゴ風
北海道産夢の大地ポークのコンフィ ペドロヒメネスソース
ミックスパエリア もしくはイカスミのパエリア
クリスマスのデザート
・食後のお飲物(コーヒー、紅茶、ハーブティー)

Christmas Dinner 和牛テール煮込みコース ¥9,000 (税別)

ハモンセラーノ、腸詰類とパンコントマテ
ピンチョス4品
・フォアグラと穴子のミルフィーユ リンゴのソース
・天使エビのプランチャ 2種のソース
・いちごのガスパチョ
・タラのクロケッタ
帆立貝のサンティアゴ風
兵庫県産和牛のテール煮込み カチェーロ添え
ミックスパエリア もしくはイカスミのパエリア
クリスマスのデザート
・食後のお飲物(コーヒー、紅茶、ハーブティー)

Christmas Dinner 黒毛和牛フィレコース ¥11,000 (税別)

ハモンセラーノ、腸詰類とパンコントマテ
ピンチョス4品
・フォアグラと穴子のミルフィーユ リンゴのソース
・天使エビのプランチャ 2種のソース
・いちごのガスパチョ
・タラのクロケッタ
帆立貝のサンティアゴ風
黒毛和牛フィレの陶板焼 自家製ソース
ミックスパエリア もしくはイカスミのパエリア
クリスマスのデザート
・食後のお飲物(コーヒー、紅茶、ハーブティー)

※メッセージプレートをご希望される場合はお気軽にお知らせください。

2018/11月の営業のお知らせ

11月になりました。10/29から昨日11/6までスペイン研修に行ってきました。
11月は本日から営業です。お休みのお知らせです。

2018年11月のお休み
11月1(木)〜6(火)、13(火)、20(火)、26(月)
※11/27(火)は営業します

★2018/11/30 プラリ呑むフライデー
★2018/12/5 KOBE Night Market <大丸横ナイトマーケット>

☆ご来店時は直前でも結構ですのでご予約ください。予約が無い場合でお席にご案内できないこともございます。
☆満席などで予約が受け付けられない日は「ご予約」の「休日&満席日」でご案内しております。↓↓
予約ページはコチラ

スペイン滞在中は例年にない寒さとのことでしたが、秋も深まります。バスク州アラバ県のアラバコチャコリのワイナリー『ASTOBIZA』を訪ねました。毎年神戸にも来られ、エルラコデン タケウチさんで開かれるチャコリのイベントに生産者としていらっしゃいます。そのときに是非とお誘いを受け、今回訪問できました。

ワインのための葡萄の収穫は9月の終わり頃にすっかり終わり、残すは甘いデザートワインのためのぶどうが、糖度を上げながら待っていました。最後のぶどうは鳥たちのため、とも言っていました。

ASTOBIZA :

Home

価格変更及び税別表示のお知らせ

本日より、価格を変更致しますのでお知らせします。
ランチとディナーの価格の一部を少し値上げ致します。

この8年間個別のワインやメニューの価格の対応はあったものの、
おおむね開店当時のまま参りました。
今回は材料費だけではなく取り巻く環境の様々な変化の中で、今後のサービスに繋げていくべく、価格の変更を行うことと致しました。

また、来年10月に予定されております消費税10%改正に向けて、しばらくのあいだ税別表示と致します。
お客さまにはご不便ご面倒をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

新しい価格のメニューはこちらとなります。

<ランチメニュー>

<ディナーメニュー>


2010/6/24 San Sebastián, Donostia にて ラ・コンチャ湾とサンタ・クララ島

「Ensalada rusa/ロシア風サラダ」〜人気モノは世界をめぐる!

スペインには「Ensalada rusa/エンサラダ ルサ=ロシア風サラダ」という名で親しまれているサラダがあり、エステラでも時々Tapasのひとつとしてお皿にのります。

お客さまから、どうして「ロシア風」?と聞かれることがあります。私も当初不思議に思っていました。ある日、イタリア料理の郷土料理にも「Insalata russa」があることを知りました。

オリジナルはロシアの「Сала́т Оливье́/サラート オリヴィエ=オリヴィエサラダ」らしく、19世紀後半にモスクワのホテルのレストランの同名シェフが「フランス料理」を元に考案したそうで、始まりは「フランス風のポテトサラダ」だったそうです。(ウィキペディア他)親しみのあるじゃがいもや野菜に、マヨネーズを使うことがフランス風だったようです。このサラダが「ロシア風」として世界に広がりました。

マヨネーズの起源は諸説ありますが、18世紀半ばにスペインメノルカ島を攻撃したフランス軍リシュリュー公爵が「Mahonnaise/マオンネーズ」マオンのソースとしてパリへ持ち帰って「Mayonnaise/マヨネーズ」となったというのが有力説です。

ところで、この「ロシア風サラダ」はこの名前とともにヨーロッパ、中南米の国々でも広く親しまれているようです。「じゃがいも」を主体としてさいの目に切った野菜をマヨネーズで和えていることが共通していて、イタリアではケイパーやアンチョビ、ツナで味に深みを出したり、中南米ではビーツが入り鮮やかな紅い色合いになります。

エステラの「ロシア風サラダ」は、じゃがいもにスペイン産ピキージョピーマン、ツナとオリーブなどをあえます。実はスペインのバルやレストランでは様々な具材の「ロシア風サラダ」があります。その中で、見た目にも、味にも、じゃがいもをおいしくいただく無駄のないコンビネーションにもスペインらしさを感じ、最も惹かれたものからアレンジしています。

スペインのマオンのソースが、フランスからマヨネーズとして、じゃがいもとの抜群な相性とともに世界で愛され、その流れの中で再びスペインにもたどり着いた「ロシア風サラダ」。
それから100年以上時を経た日本でも同じく家庭料理として愛されるポテトサラダ。名前こそ伝わらなかったけれど、しっかりこの地に根付いています。

 

2018/9月10月の営業のお知らせ

残暑が厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか。ようやく9月を迎えます。

2018年9月のお休み
9月4(火)、11(火)、18(火)、25(火)

★2018/9/28 プラリ呑むフライデー

2018年10月のお休み
10月2(火)、9(火)、16(火)、23(火)、29(月)〜31(水)

★2018/10/14 神戸マルシェ
★10/29(月)から11/6(火)はスペイン現地研修へ赴きます

☆ご来店時は直前でも結構ですのでご予約ください。予約が無ければ諸事情によりご案内できない場合もございます。
☆満席などで予約が受け付けられない日は「ご予約」の「休日&満席日」でご案内しております。↓↓
予約ページはコチラ

写真は「Arroz con almejas/バスク風あさりごはん」というバスク地方のお米料理。魚介のスープとあさりのだしがやさしく日本人にも親しまれやすい味わいです。あさりは日本では手に入りやすいですが、スペインではやや高級な食材のようです。

暑さが続くといよいよ冷たいものもすすまないときがあります。いかにも温まりそうなこのお料理ですが、冬場だけでなく夏場も人気です。年齢も、性別も季節も超えて愛されるお料理です。

2018/7月8月の営業のお知らせ

神戸も大変な雨が降りましたが、いかがでしょうか。
本格的に夏が始まりました。食でも涼をとって乗り切りましょう。

2018年7月のお休み
3(火)、10(火)、17(火)〜18(水)、24(火)、31(火)

★2018/7/17-18は連休
★2018/7/27 プラリ呑むフライデー

2018年8月のお休み
7(火)、16(木)〜18(土)、21(火)、28(火)

★2018/8/16-18は連休
★2018/8/31 プラリ呑むフライデー

☆満席などで予約が受け付けられない日は「ご予約」の「休日&満席日」で
ご案内しております。↓↓

予約ページはコチラ

写真は「Salmorejo/サルモレホ」という、アンダルシア地方のトマトを使った濃厚でクリーミーな冷たいスープ。ガスパチョに似ていますが、ガスパチョにはピーマンやキュウリが入り、さらっと仕上げます。

夏の暑さに食がすすまないときには、口あたりよく、身体に優しそうです。エステラでは、タパスとして楽しめる量でご用意していますが、たくさん召上がりたい方は、ご予約時にお知らせください!

Mar y Montaña 〜『イカと肉団子の煮込み』

2018/3/31のナイトマーケットで予定しているメニュー「イカと肉団子の煮込み」の仕込みが進んでいます。

スペインカタルーニャ地方の伝統的な料理の特徴のひとつに「Mar y Montaña」があります。
Marは海、Montañaは山。海の食材と山の食材を合わせるという料理の手法で、最初は馴染みない組合せも味わうととても美味しく楽しいのです。

この「イカと肉団子の煮込み」も、肉団子にイカを入れるだけでなく、肉団子とイカをトマト、野菜やスパイスとともに煮込みます。
お肉料理と魚介料理とが調和しつつ、それぞれの美味しさを味わえる贅沢な美味しさです。
興味を持たれた方、是非31日にナイトマーケットへお越し下さい。

この伝統料理は、2015年10月にスペイン、バルセロナを訪れた際、「La Plassohla」というレストランでメイン料理としていただきました。とても美味しかったですよ。


↑コチラは「La Plassohla」のイカと肉団子の煮込み料理。2015/10/22撮影のもの。

「La Plassohla」のサイトはコチラ

神戸旧居留地 『Night Market 』Vol.2 開催 2018/3/31Sat.

昨年11月に開催された神戸の旧居留地の夜を楽しむイベントの第2回目の開催です。2回目となる今回は音楽あり、映像あり、書籍あり、古着あり、雑貨あり、多彩な内容でお迎えいたします。エステラは今回もタパスや温かい煮込み、おすすめのスペインワイン、前回好評だったシェリーもラインナップ。春の夜のお散歩にお越しください。

   comedorESTELAのNight Market Menu
Albóndigas~イカと豚肉の団子煮込み 600円
Boquerones en vinagre~カンタブリアのカタクチイワシビネガー漬け 400円
Croqueta de Jamón~生ハムのクロケッタ 400円
Champiñones rellenos~マッシュルーム生ハム詰め 400円
Vinem ガルナッチャ・シラー 600円
Vinem シェルドネ・マカベオ 600円
Cava スペイン産スパークリング 600円
Jerez シェリー 色々 600円
スペイン産ビール、ノンアルコールビール 500円 他にAITANAおすすめのワイン

当日ヘルプにワインとヨーロッパの厳選食材のお店「AITANAアイタナ」さんに来ていただきます。AITANAおすすめ一押しのスペインワインも持ってきてもらうので、是非お楽しみに!! AITANAさんについてはコチラ

日時:2018年3月31日(土) 17:00-21:00
場所:神戸大丸東側道路 明石町筋&南側道路

公式サイトはコチラ
FaceBookサイトはコチラ

参加店:玄斎、キュイジーヌ・フランコ ジャポネーズ マツシマ (Matsushima)、ベルターブル
ブラッスリー・ラルドワーズ、コメドール エステラ、べトナムごはんcomcoka、炭火焼鳥いもや、パティスリー モンプリュ、道下、LiangYou、神戸酒心館、ランス(チーズ+ワインショップ)、ブルーダイヤファクトリー、大垣花店、スロウ、EN HALV、木のおもちゃ ころころ、近畿タクシー株式会社、神戸シーバス ファンタジー号 他

どうぞ暖かい服装でお出かけください。

2018/3月4月の営業のお知らせ

暖かい陽射しに春を感じられるようになりました。
後半となってしまいましたが3月と、4月の営業のお知らせです。

2018年3月のお休み
6(火)、12(月)、13(火)、20(火)、27(火)

2018年4月のお休み
3(火)、9(月)、10(火)、17(火)、24(火)

★2018/3/28 Dehesa de Luna 生産者を迎えてのディナー開催
★2018/3/31 旧居留地大丸横NightMarket開催

☆満席などで予約が受け付けられない日は「ご予約」の「休日&満席日」で
ご案内しております。↓↓

予約ページはコチラ

花が一気に咲き始めました。写真は「Bulbinellaバルビネラ」という南アフリカ原産ユリ科の植物です。
原色のレモンイエローの花が下から順に上まで咲いていきます。

Dehesa de Luna 生産者を迎えてのディナー / 2018/3/28 Wed

『Dehesa de Luna デエサ・デ・ルナ』ワイナリー生産者を迎えてディナーを開催します。

エステラでもたくさんのお客さまに好評だったDehesa de Lunaの「LunaLunera(ルナ・ルネラ)」。今回ワイナリー生産者が来日する中で、株式会社キムラとの共催で弊店にてワインの紹介とディナーを催すこととなりました。

Dehesa de Lunaの主力となるワイン4種に加え、日本未発売のルナ・ルネラの白を弊店のディナーとともに味わっていただける希少な機会です。また、Dehesa de Lunaという、特徴豊かで魅力的なワイナリーについて生産者本人から直接お話を伺い、対話いただけるまたとないチャンスです。

83haのぶどうの区画の周囲3000haを自然環境保持のために購入。自然と調和、あるいは自然そのものの恵みとしてのワインを実践するかのような様々な取り組み。「Dehesa de Luna農場」の世界を生産者のお話とワインから体感してみませんか。

Dehesa de Luna サイト
https://dehesadeluna.com/ja/content/la-finca-6
Dehesa de Luna Maker’s Dinner 2018
日時 2018年3月28日(水曜日) 19:00~22:00
場所 comedor ESTELA
会費 ¥7000 税込 /お1人様
(着席形式。DehesaDeLunaの5種類のワインと食事が提供されます)

※日程が近づいておりますのでキャンセルは不可となります
限定15名様での開催で、残席はわずかです。